ホーム > 健康維持食品アソティック

健康維持食品アソティック

健康な体は食事によって作られます。

ヒトの体は、食事から取った栄養からできています。
体は、日々新しいものに作り変わります。
・栄養をしっかり摂取→健康な状態が維持しやすくなる。
・不足する栄養が多い→健康な状態を維持しにくくなる。

毎日の食事で、必要な栄養が全て摂取できるのが理想ではありますが、ライフスタイルにより難しいこともあります。

太陽堂は、
「食を通して日本人の健康を守る」
を理念に1984年から販売実績のある
健康維持食品asotk(アソティック)をお取り扱いしております。

健康維持食品asotk(アソティック)については→コチラ

カラダに負担をかけない「やさしさ」 

asotk(アソティック)では単一成分を多量に配合することはありません※。様々な原材料をバランス良く組み合わせ、より「食」に近い形にこだわり、チームワークで働くようデザインしているからです。単一成分の配合量において、他のサプリメントに見劣りすることもあるかもしれません。しかし、asotk にはそのようにする2つの理由があります。

理由その1
カラダに負担をかけない「やさしさ」 特定の効果を期待して単一の成分を多量に摂取することは「食」というより「薬」的な考え方です。食品素材でも、多量に摂取すれば肝臓や腎臓に負担をかけますし、何らかの異変を生じさせる可能性もあります。脂溶性ビタミンやプロテイン、高濃度茶カテキンなどではそのような事実がわかっています。

※過剰分はすぐに排出される水溶性のビタミンB 群は例外です。吸収率を考慮して多めに配合しています。asotk の製品をお摂りになって尿が黄色くなることがありますが、余分なビタミンB2 が排出されるためですのでご心配ありません。

栄養に対する感受性に配慮する「やさしさ」

理由その2
asotk は、栄養に対する感受性にも配慮しています。例えば、毎日サプリメントで多量のビタミンC を摂取し続けた結果、カラダはビタミンC が豊富にある状態に慣れてしまい、ビタミンC に対する感受性が低下してしまう恐れがあると考えます。 ホルモンの一種であるインスリンは、肥満になるような食生活でインスリンがたくさん分泌される状態が続くと、標的臓器のインスリンに対する感受性が低下してしまうことが知られています。

スタープレイヤーが一人飛び抜けた活躍をするのではなく、全てのプレイヤーが自らの役割を着実にこなし、相乗効果でチームとしての結果を出す。それがasotk 食品です。

サプリメントとの考え方の違い
・サプリメント
ある特定の栄養素を大量に摂取して効果を期待する「薬」的な考え方。

・asotk
カラダの中での使われ方を考えて配合。自己治癒力を高めるように働き、結果として症状に変化がでるも、個人により弱いところが違うため、変化の出方が異なる。
自己治癒力を高める「食物」的な考え方
お問い合わせ トップにもどる